歯の黄ばみ

なぜこれを知らないとホワイトニング歯磨き粉で損をしてしまうのか?

更新日:

卑怯な手口矢印

ボタン

現在、多くのホワイトニング歯磨き粉が
市場に出回っていてどれを選んだらいいのか
迷ってしまうと思います。

また、「このまま使い続けて平気かな?」
「毎日使っていても大丈夫なの?」
といった疑問もあると思います。

そこで今回は、ホワイトニング歯磨き粉を
選ぶ際に注意したいことについて

・歯磨き粉に危険性があるの?
・ホワイトニング歯磨き粉で注意する成分は?
・本当に効果の出る有効成分はどれ?

などをお伝えしたいと思います。

ホワイトニング効果の代償!?関係者が驚いた副作用とは?

副作用歯科医院で行われるホワイトニング。

「病院でやるから安心だろう」とお思いの
方もきっと多いのではないでしょうか?

しかし、ホワイトニングの過程において
フリーラジカルや活性酸素が発生すること
をご存知でしたか?

歯科医院で行うから安全なのではなく、
安全ではないから歯科医院でやるもの
だという側面があります。

そのため、自宅で行うホワイトニング剤も
安全のため濃度が低めに設定されています。

身近になった歯の美白ですが、口に入れる
ものには特別な注意が必要になることも
あるということを知っておくことが大事です。

歯のホワイトニングを行うサロンの実態とは?

サロンの実態最近ではホワイトニングを行うのに
わざわざ歯科医院に行かなくても

ホワイトニングサロンや
ホワイトニングバーなどが
次々と出店しています。

ただ、これらでは医療行為は出来ない
ので厚生労働省の認可した薬剤
使用してはいけない決まりがあります。

そこで、歯の表面の汚れを浮かせて
取り除く薬剤を使用しているのですが、
それとほぼ同じものが

ホワイトニング歯磨き粉には
ちゃんと配合されています。

歯磨き粉だからと安心してはいけない!これだけの理由とは?

失敗

歯科医院で使われるホワイトニング剤ほど
ではないにしても、お口の中に入れるもの
には注意が必要です。

飲み込まないから大丈夫だろうと思われ
がちな歯磨き粉ですが、お口の粘膜からも
色々な成分がしっかりと吸収されます。

粘膜吸収については舌の下に置くお薬も
あるくらいで、近年では歯の治療に使われる
金属アレルギーなども問題になっています。

つまり、それらのことは
飲み込むことなく作用を生むことを
意味しています。

ホワイトニングでも要注意!飲み込まなくても危険な薬剤

危険な薬剤

食べ物の中に「合成着色料がたっぷり」と
書いてあったら、わざわざ選んで買うことは
まずしないと思います。

ホワイトニング歯磨き粉の中にも着色料が
含まれているものがあるので、気にされる
方はよく調べる必要があります。

その他にも、
・発泡剤
・研磨剤
・界面活性剤
・パラベン(防腐剤)

などが含まれていることもあるので、
原材料などのチェックをしておくといいです。

ホワイトニング歯磨き粉で注意すべき成分は?

注意

口の粘膜からの吸収について
危険性がないとは言い切れないことを
お伝えしましたが、

「歯」自体にも傷をつける可能性がある
「研磨剤」の有無にも気をつけたい
ところです。

磨き心地を過剰に演出してしまう
発泡剤も避けたいところですし、

漂白作用のあるものはいかにも
といった感じではないでしょうか。

ホワイトニング効果のある成分大公開!

発表

実際に歯の表面を覆う汚れや黄ばみ
を落とす成分も気にしておきたい
ところです。

ポリリン酸ナトリウムは歯の汚れを
浮かせることが出来て、
ホワイトニングバーでも採用されています。

その他、どれだけ化学薬品を使わずに
作られているか注意して見てみて
ほしいところです。

当サイト厳選!おすすめホワイトニング歯磨き粉はこれ!

厳選

いかがでしたか?
たかが歯磨き粉、されど歯磨き粉。
身体に入れるものに気を配るため

・26種類の植物成分が歯を白くキープしてくれる!
・パパイン、ココナッツなどの天然成分による洗浄効果
・歯科関係者100人が推奨する信頼の品質!

【プレミアムブラントゥース】
がおすすめです!ぜひお試しになってみてください。

 

 

 

-歯の黄ばみ

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で本当に効果の出す意外な方法教えます , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.