歯の黄ばみ

歯の黄ばみとアンチエイジングの深い関係とは?

更新日:

歯がはえ始めた頃は白い歯の印象があります。
若い時の白い歯もとても印象的です。

これらの記憶と、年齢を重ねて段々と変化する
歯の色との差を自覚することで、白い歯と
アンチエイジングの関係は強くなるようです。

また、

年齢を重ねてゆくと歯は摩耗します。
噛み合わせも変化するので歯並びも少しずつ
乱れてゆきます。

この時、
歯が黄ばんでいると明暗の差が強く出てしまい、
それらの変化を強調してしまいます。

しかし、
白い歯はそれほど目立つことはありません。

「色白は七癖隠す」と言われていますが、
歯にもこの習性が当てはまるようです。

では、歯は年齢とともに
どのように変化してゆくのかをみていきたい
と思います。

白い歯が白く見える意外な理由とは?

歯の色は、半透明なエナメル質が透けて
黄色がかった中にある象牙質の色が
見えることにより知覚されています。

はえたての歯は、まだ未成熟なので
その結晶構造では光が大きく屈折してしまい、
光が拡散されてしまいます。

そのために、赤ちゃんの歯は白く見えます。

この時、中にある象牙質の黄色さは
エナメル質の乳白色に隠されてしまうため、
明度も高くなります。

さらに、

歯の表面は滑らかで唾液も豊富ですから
艶のある綺麗な歯に見えます。

多くの人が、このような歯であった事を
無意識のうちに自覚しているようです。

 

なぜ白い歯が黄ばんだ歯に見えるのか?

 

中年以降の歯では、歯の摩耗による変化、
歯肉退縮やそれに伴う歯根の露出により
歯の見え方が変わってきます。

さらに、エナメル質には亀裂が入り、
その亀裂には色素が入り込んだ結果、

歯の明度が落ちてグレー色が強まり、
彩度が落ちて黄ばんでいるようにみえて
きてしまいます。

また、

歯の表面のエナメル質が薄くなってくる
ことがあります。それは、酸性の飲食物や
強すぎる歯磨き等により生じます。

すると、内部の象牙質に色が透けて見え
その黄色さが反映されてしまいます。

このことは、エナメル質のアパタイトの
結晶が成熟して透過性を増すことによっても
生じることがあります。

歯が黄ばむ食べ物や自然現象の意外な作用とは?

近年では、一般の方にもよく知られるように
なったことですが、歯の黄ばむ原因の一つに
飲食物の影響もいわれています。

ワインやお茶、コーヒーなどのステインという
成分による着色などが有名です。

その他に、タバコのニコチンやタールなど
による着色は有名です。

これらの色素が歯の表面に付着すると
ザラつきが生じるようになります。

この部位にプラークが発達しても黄色く見え
ますが、その際の細菌性の色素なども
歯の黄ばみの原因となり得ます。

また、歯が外部刺激を受けると中にある
神経の部分(歯髄という)に、新しい象牙質
が出来る場合があります。

この時に、ミノサイクリンなどの薬を服用し
UV光を浴びると変色が生じます。

歯の黄ばみを招く原因とアンチエイジングの関係とは?

これまで見てきましたように、
歯の黄ばみの原因となっているものは、
数多く考えられます。

つまり、単純に加齢変化ということではなく、
時間が経つことにより着色物質との接触回数
が増すことが原因にあるようです。

そして、その変化は歯の表面に生じるもの
から、内部の変化を及ぼすものまであります。

これらの要因に触れる機会は、意識しないと
膨大な回数となってしまうので、普通に過ごす
だけでは歯が黄ばんできてしまいます。

このことから、歯科医院での単発での
ホワイトニングだけでは、せっかく白くした歯も
また時間とともに黄ばんできてしまいます。

その再発は出来るだけ最小限にしたいところです。

また、ある程度の歯の白さが維持されている
場合にはホワイトニングの再治療も楽に
なるはずです。

そうすれば、あの知覚過敏の苦痛に耐えなくて
よくなります。

ホワイトニング歯磨き粉は歯を白くする効果
が期待されているだけでなく、白さの維持にも
有効だと思われます。

そうすることで、見た目の若々しさをいつまでも
キープしてゆくことが出来ます。

-歯の黄ばみ

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で本当に効果の出す意外な方法教えます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.