なぜほとんどの人がホワイトニング歯磨き粉の落とし穴に落ちるのか?

卑怯な手口矢印ボタン

ホワイトニング歯磨き粉に効果があることは
わかったけれど、本当に自分にも効果が出る
のか?心配は残りますよね。

どうしても歯を白くして、周りの目線が
気にならないようになりたいのに、

自分に効果が出なかったら全く意味が
ありません。

そこでこの記事では、ホワイトニング歯磨き
粉の効果が出やすい人と、あまり白くならな
い人との違いをご説明します。

残酷!「全然白くならない・・・」その悲しい理由とは?

悲しい

残念ながらホワイトニング歯磨き粉は
誰にでも効果を感じられる万能な代物では
ありません。

それは花粉症の人が下剤を飲んでも
無駄であることとと同じように、

ものもらいの人がインフルエンザワクチンを
接種しても無意味であるように、

ホワイトニング歯磨き粉にも「適応症」が
あるからです。ですので、それを嘆いても
仕方がありません。

では、ホワイトニング歯磨き粉が適する
歯の黄ばみ方をしているのは、どのような
場合であるか?を見てゆきましょう。

徹底攻略!ホワイトニング歯磨き粉で落とせる黄ばみの秘密とは?

攻略

実は、歯の黄ばみには種類が2つあります。
この種類が見分けられなければ、ホワイト
ニング歯磨き粉の効果は得られません。

どのようなものがあるかと言いますと、

1つは「歯の内部の変色」によるもので、
エナメル質に含まれる有色素の影響や
象牙質のコラーゲンの変色など諸説あります。

2つめは歯の表面にあるエナメル質の最も
表面の部分に沈着する色素によるものです。
これにはステインやヤニなどがあります。

そして、ホワイトニング歯磨き粉が落とせる
歯の黄ばみは2番目の「表面の色素」に
なります。

どうして「内部の変色」は磨き落とせないのか!?

磨き

ホワイトニング歯磨き粉は「歯の内部の
変色」ではなく「歯の表面の色素」を
落とすものというお話をしました。

では、どうして「歯の内部の変色」は
落とすことが出来ないのでしょうか?

それは、「色素沈着」ではなく「変色」
だからです。

どういうことか?と言いますと、

今回の場合の色素の沈着は
「表面にくっつく」ことを
意味しているのですが、

「変色」はその組織そのものの
色が変わってしまうことを
意味しています。

「え!?だったら変色はどうしたら・・」と焦る前に

焦り

「変色」は組織そのものの色を変えて
しまうことをいうのですが、

これを白くする「ホワイトニング」は
正確には「漂白(ブリーチ)」と呼ばれる
ものになります。

使い込んで黄ばんでしまったタオルを
漂白剤に浸けておくと白くなるのと
似たようなことになります。

これには国で認められた浸透性のある
特殊な薬剤を使用しなくてはいけません。

一度白くなったら、元の黄色さには
簡単には戻せないことから
(これを不可逆的といいます)

組織の不可逆的な変化を起こすものは
「医療行為」の扱いになってしまいます。
そしてその取り扱いには資格が必要です。

そのような薬剤は、
歯磨き粉に入れることは出来ないのです。

「なんだ・・じゃあ無理じゃん」と嘆くのはまだ早いです。

嘆き

「歯の内部の変色」を「漂白」するには
特殊な薬剤が必要で、その取り扱いには
資格が必要になります。

では、結局のところ歯科医院に行って
高額なホワイトニング治療を
受けるしか方法がないのでしょうか?

というと、そんなことはありません。

次のことを想像してみて下さい。

黄色い置物にライトからを当てます。
次に、その置物を暗い所に運びます。
両者は同じ色に見えますでしょうか?

明るい時と暗い場合では同じ色でも
見え方が違いますよね?

視覚のマジック!?黄ばみを白く見せる「明度」とは?

明度

同じ色でも明るさによっては見え方が
違ってきます。

このことは色彩学では「明度」として
色の見え方を決定する要因の1つで
あるとされています。

そして、この概念を応用して、
黄ばんだ歯を白く見せるには「歯を
明るくすればいい」という事になります。

ホワイトニング歯磨き粉は、
歯の表面にある着色物質を除去する事
によって、この効果を促します。

あなどれない・・歯の明度を上げる技術の進化とは?

進歩

歯の表面の着色を落として明度を上げる
事によって、歯を白く見せるようにする
のは色彩学的に見ても正攻法です。

また、歯科医院での「漂白」では主に
表側のみの処置になりますが、ホワイト
ニング歯磨き粉は歯の裏側も磨きます。

そのことにより、口の中へ入った光線が
反射して、粘膜の色を拾って歯に反映され
る際の白さを引き出します。

驚きの調査結果!歯を白く見せるのに必要な要因とは?

調査結果

ここまでのお話でおわかり頂けたように、
歯を白く見せるのには「明度」が
欠かせません。

この「明度」は歯の表面の着色を落とす
ことで獲得することが出来ますので、
ホワイトニング歯磨き粉が効果的です。

つまり、ホワイトニング歯磨き粉は
あなたの歯にも有効だということです。

ここで大事になってくるのが
ホワイトニング歯磨き粉の特徴です。

・着色(ステインやヤニ)をしっかり落とす
・毎日使うから身体に優しい成分
・再び着色させない予防効果

などは必須条件だと思われます。この条件を
満たす歯磨き粉をさがして
約1年・・30種類以上の商品を調べました。

30種類、11ヶ月の苦労・・あなたの代わりに捜しました

捜索

苦労を重ねた末にこだわりの条件を満たす
理想的な商品を見つけ出しました。特徴は

・植物由来成分で低刺激で自然な白さに!
・GMP工場で徹底した品質管理!
・オーガニックオイル成分が着色の再付着を防止!

という理想的な歯磨き粉【プレミアムブラントゥース】
この商品ほど丁寧に作られているものは
今回の調査では探せませんでした。

まるで「食べ物」のような安心の歯磨き粉
ぜひすぐに手に入れてください

【プレミアムブラントゥース】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*