歯の黄ばみ

ホワイトニング歯磨き粉の効果の出る歯の黄ばみの種類とは?

更新日:

 

矢印

 

ホワイトニング歯磨き粉を使って落とせる
歯の黄ばみのタイプには特徴があります。

それは、歯科医院で行うホワイトニング治療の
ように、薬事法で認可が必要になるほどの強い
作用を必要とはしないタイプの歯の黄ばみです。

いったいどのような特徴があるのか?
この特徴を知ることで

●どうすれば歯を白くできるのか?
●歯の白さをキープする秘訣は?
●黄ばみを効率よく落とすには?

などの答えがわかります。
それさえわかれば、もう歯を白くしたも同然!

あれこれ言われている数多くの商品の中から
自分に適切なホワイトニング歯磨き粉や歯ブラシ
がわかってしまいます。

一度覚えておけば、ずっと役立つお得な情報
をお伝えします。

歯の黄ばみの80%以上の原因になる意外な物質の正体は?

大人の歯(永久歯)に観察される着色のうち、
そのほとんどがペリクルへの着色物質の吸着
によるものだと言われています。

歯の表面に付着した着色物質によって、
歯が変色してしまったように見えてしまって
いるという状態です。

その発生頻度も歯自体の変色よりも、
多いものと考えられています。

すぐに洗い流されてしまいそうなのに、
湿った歯の表面に着色物質が頻繁にひっかかる
というのは、不思議なものです。

実は、歯の黄ばみには色々なパターンがあり、
ミクロの世界でダイナミックな反応を
今もあなたのお口の中で起こしています。

では、着色のパターンには
どういった種類のものが存在するのか?

また、どうやって歯の表面にくっついて
ゆくのかを見てゆこうと思います。

歯の黄ばみをもたらす要注意な物質とは?

歯の黄ばみと聞いて、すぐに想像ができるものに
「タバコ」が挙げられます。

いわゆる「ヤニ」が歯の表面に付着して、
全体的には歯が黄ばんで見えるようになります。

また、

一部では、茶色い物質が歯の表面に濃く付着する
といった現象もみられます。

その他に歯の着色を誘引するものとして

●食物成分(色素類)
●硬水
●嗜好飲料
●口腔細菌産生色素
●金属蒸気
●薬剤

などが挙げられます。

これらの着色物質を含む嗜好品が
原因となって歯が黄ばむことがあります。

歯科医院でのホワイトニング治療の際にも
これらの物質は、治療直後には避けるように
指示がされます。

ではいったい、これらはどのように
歯の表面に着色をさせているのでしょうか?

歯の黄ばみが歯にくっつくメカニズムとは?

歯の表面に着色物質が辿り着くと、
「ペリクル」という部分に吸着されます。

このペリクルというのは、歯の表面を
覆う糖タンパクで、獲得皮膜やエナメル小皮
などとも呼ばれています。

歯の主成分であるハイドロキシアパタイトは、
唾液タンパクと吸着しやすいという性質を
持っています。

これの他に、いくつかの唾液由来タンパク質
が凝集して厚さ0.1~0.2μmほどの厚みだと
言われています。

このペリクルという部分に着色物質が吸着
されて歯が着色するといわれています。

ペリクルは歯磨きなどの物理的な刺激や、
タンパク分解酵素などによって除去されて
しまいます。

とはいえ、なかなか汚れが落ちないのも
また事実なので、ホワイトニング歯磨き粉
の薬理作用を利用する必要が出てくる訳です。

歯の黄ばみに潜む、簡単にはキレイにならない深い理由

歯の黄ばみは歯の表面にあるペリクルに
着色物質が吸着されたものなのだから、
ペリクルを落とせばいいんだ!

と思われた方も多いはず。

しかし、実際はなかなかそういう訳には
いかないのはご経験がありますよね?

実は、歯の表面に着色する物質は、
そこに留まるために特殊な化学反応
起こしているのです。

たとえば、お茶やコーヒー、ワインなどの
嗜好性飲料には「タンニン酸」という
成分が含まれています。

このタンニン酸は唾液タンパクと反応し、
水に溶けない性質に変わります。

これがカルシウムやマグネシウムと反応
して褐色に変わります。

また、鉄分と反応した場合には暗褐色に
変化します。

 

歯の黄ばみをつけさせない効率的な歯磨きとは?

歯の表面にあるペリクルに、着色物質が付着
して、次第に吸着されてゆく。

メカニズムはお分かり頂けたでしょうか?

この歯の着色過程では、時間が経過すると共に
着色物質の歯面への結合が強くなっていく
ことがわかっています。

逆に言えば、
着色物質の吸着直後ではブラッシングによる
除去が可能だと言われています。

ですので、食べたらすぐに歯磨きをする
ということは歯の黄ばみ予防に効果的です。

ただ、

・毎回吸着直後に歯を磨けるとは限らない
・既に強く結合したものは落ちない
・全部を網羅的に磨けない

などのことも考えられるため、化学反応に
よる補助も活用することが必要です。

効率よくホワイトニングをサポートする商品を紹介します!

強力に歯面に結合した着色成分を、
通常の歯磨きだけでは効率が悪いです。
化学的な有効成分を活用すると効果的です。

そこで、ホワイトニング歯磨き粉の併用として
「ちゅらトゥース」をおすすめします。

◆着色物質を浮かせて剥がすポリアスパラギン酸を配合
◆再び歯に着色物質がつくのを防ぐリンゴ酸の使用
◆話題の新成分「GTO」で虫歯も予防

などの特徴が歯の黄ばみの原因をスッキリ解決。

いつまでも口元を気にして笑っているよりも、
今すぐ白い歯で笑える自由を手にしてください!
「ちゅらトゥース」のお求めの方はこちらへどうぞ

ちゅらトゥース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-歯の黄ばみ

Copyright© ホワイトニング歯磨き粉で本当に効果の出す意外な方法教えます , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.